人材検索

人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

最終更新日:2021/12/06

枝 伸彦

エダ ノブヒコ (Nobuhiko Eda)
共同研究・競争的資金等の研究課題
タイトル
アトピー性皮膚炎の症状改善に対する運動効果の検討
タイトル(英)
研究概要
令和元年度の研究では、アトピー性皮膚炎(AD)患者を対象として、日常生活における身体活動量が皮膚バリア機能およびAD病態関連因子に及ぼす影響について検討を行った。対象者はAD患者28名(平均年齢:31.4±8.7歳, 男性7名, 女性21名)とした。AD病態関連因子として血中のthymus and actication-regulated chemokine(TARC)、好酸球数、IgE、自己回答式の病態調査としてPatient-Oriented Severity Scoring of Atopic Dermatitis(PO-SCORAD)、皮膚バリア機能として角質水分量、経皮水分蒸散量(transepidermal water loss; TEWL)、皮膚pHを測定した。身体活動量は、生活習慣記録機ライフコーダGS(スズケン)を2週間着用して測定した。その結果、角質水分量とIgE(r = -0.390, p < 0.05)、TEWLとPO-SCORAD(r = 0.431, p < 0.05)、IgE(r = 0.374, p < 0.05)、TARC(r = 0.502, p < 0.01)、PO-SCORADとIgE(r = 0.488, p < 0.01)、TARC(r = 0.377, p < 0.05)、IgEとTARC(r = 0.691, p < 0.01)、好酸球数(r = 0.518, p < 0.01)、TARCと好酸球数(r = 0.426, p < 0.05)は有意な相関関係を示した。AD病態関連因子は、それぞれ相関関係にあることが先行研究と同様に確認された。一方で、総消費量とpH(r = 0.537, p < 0.01)、IgE(r = 0.614, p < 0.01)、TARC(r = 0.674, p < 0.01)、運動量とPO-SCORAD(r = 0.373, p = 0.055)、IgE(r = 0.605, p < 0.01)、TARC(r = 0.507, p < 0.01)が正の相関関係を示した。また、PO-SCORADは強度7の身体活動量と有意な正の相関関係を示した(r = 0.521, p < 0.01)。以上の結果から、AD患者においては、身体活動量が高いほどAD病態関連因子が高く、特に高強度の身体活動量は重症度と関連することが推察された。従って、令和2年度に実施予定の継続的な運動介入においては、運動強度に注意して研究計画を再考しながら研究を行っていく予定である。
研究概要(英)
参照URL
https://researchmap.jp/7000005037/research_projects/31742213
担当研究者
枝 伸彦
担当研究者(英)
提供機関
日本学術振興会
提供機関(英)
制度名
科学研究費助成事業 若手研究(B)
制度名(英)
研究種目
若手研究(B)
研究種目(英)
研究機関
研究機関(英)
年月From
2017年4月1日
年月To
2021年3月31日
配分額(総額)
4030000
配分額(直接経費)
3100000
配分額(間接経費)
930000
資金種別
課題番号
17K13232
KAKEN URL