News


人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

最終更新日:2024/06/01

半谷 美夏

ハンガイ ミカ (Mika Hangai)
論文
タイトル
一流水球選手に生じた有鉤骨鉤疲労骨折の3例
タイトル(英)
参照URL
https://researchmap.jp/spms/published_papers/31710277
著者
元島 清香,半谷 美夏,濱中 康治,福田 宗弘
著者(英)
担当区分
概要
症例1は24歳男性で、水球の日本代表選手であったが、手関節尺側に違和感を生じ、TFCC損傷と診断を受けた。その後痛みが増強し、有鉤骨鉤骨折偽関節の診断を受けた。痛み止めを使用しながら大会に出場するも疼痛が持続したため、骨片摘出術を受けた。術後に尺骨神経麻痺を合併したため術後6ヵ月間はハンドリングやシュートに影響を及ぼした。小指球や骨間筋群の筋力回復が得られた6ヵ月頃から疼痛は軽減し、プレーに問題ないレベルに達した。症例2は23歳男性で、水球の日本代表選手であったが、手関節外側に出現した痛みが持続するようになり、有鉤骨鉤疲労骨折との診断を受けた。痛みが続いている状態でも高負荷でのプレーが続き、偽関節を呈していたため骨片摘出術を施行した。術後4週頃まで創部の疼痛があったが、水中でのトレーニングを開始し、術後3ヵ月で完全復帰した。症例3は18歳男性で、水球の国体代表選手であった。インターハイ頃から疼痛を自覚するも受診せず競技を継続していた。その後、チームドクターに疼痛を訴え、病院を受診し、有鉤骨鉤偽関節を認めた。国体はブロック注射を行って出場した。
概要(英)
出版者・発行元
水と健康医学研究会
出版者・発行元(英)
誌名
水と健康医学研究会誌
誌名(英)
22
1
開始ページ
21
終了ページ
24
出版年月
2020年4月
査読の有無
査読有り
招待の有無
掲載種別
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
ISSN
1344-347X
DOI URL
共同研究・競争的資金等の研究課題