人材検索

人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

最終更新日:2021/10/28

斎藤 辰哉

サイトウ タツヤ (Tatsuya Saito)
論文
タイトル
和気富士登山道における幼児を同行した親子登山時の心拍応答
タイトル(英)
参照URL
https://researchmap.jp/t_s/published_papers/31727580
著者
吉岡 哲,山口 英峰,斎藤 辰哉,髙橋 康輝,西村 一樹,椎葉 大輔,天岡 寛,飯田 智行,枝松 千尋,早田 剛,飯塚 智之,関 和俊,荒谷 友里恵,雲津 英子,小野寺 昇
著者(英)
概要
親子登山時の親の身体的・精神的負荷は、子どもを連れていない登山よりも高く、それらの負荷は、登山という運動負荷に加え、ザック重量、周囲への配慮やパーティの構成等、様々な要因により影響されるものと考える。本研究は、予備研究として、それらの要因の内、パーティの構成に着目し、パーティ内の幼児の有無が親子登山実施時の親の身体的負荷を、心拍数を指標として検討することを目的とした。7家族、23名が登山に参加し、そのうち、6家族、19名を調査対象とした。調査は、和気富士登山道(岡山県)にて、2016年8月に実施した。登山口から観音山までの心拍数を測定し、指定した4ヶ所の休憩地点で到着時の心拍数を記録した。得られた結果を、幼児を連れた2パーティ(親:n=3、36〜41歳、子:n=4、6〜10歳)と幼児を連れていない4パーティ(親:n=5、36〜42歳、子:n=5、6〜11歳)に分けて、検討した。両パーティともに、親と子の心拍数は、類似した変化を示したものの、幼児を連れていないパーティの親の心拍数は、子よりも低い傾向を示したのに対し、幼児を連れたパーティの親の心拍数は、子よりも高い傾向を示した。幼児を連れての登山は、就学児を連れての登山以上に、親が配慮しなければならず、このことが、親の身体的負荷の増大につながった可能性を示唆する。(著者抄録)
概要(英)
出版者・発行元
香川環境保健福祉学会
出版者・発行元(英)
誌名
地域環境保健福祉研究
誌名(英)
23
1
開始ページ
15
終了ページ
18
出版年月
2021年1月
査読の有無
査読有り
招待の有無
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
ISSN
1343-9286
DOI URL
共同研究・競争的資金等の研究課題