News


人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

avatar

最終更新日:2024/07/12

小出所 大樹

コデショ タイキ (Taiki Kodesho)
論文
タイトル
大腿サポーターによる外的圧迫が収縮時の筋弾性に与える影響
タイトル(英)
Effect of external compression with thigh support belt on muscle elasticity during contraction
参照URL
https://researchmap.jp/kodeshotaiki/published_papers/46176201
著者
石山 輝希,小出所 大樹,中尾 学人,山形 一真,福與 千鶴,谷口 圭吾
著者(英)
Ishiyama Koki,Kodesho Taiki,Nakao Gakuto,Yamagata Kazuma,Fukuyo Chizuru,Taniguchi Keigo
担当区分
概要
【目的】外的圧迫時の筋弾性率を複数の圧迫および運動強度で測定し,大腿サポーターが筋ストレスに与える影響を明らかにすることを目的とした。 【方法】対象は若年健常男性17名,被験筋は右脚の大腿直筋とした。圧迫強度はControl(着用無し)と20 mmHg,40 mmHgの3条件とした。運動強度は事前に測定したControl条件の最大膝伸展筋力を基準に30 %,60 %とし,漸増する膝伸展運動課題を実施した。測定箇所は大腿長の50 %の位置とした。 【結果】弾性率について圧迫強度の主効果を認めたが,有意な交互作用はみられなかった。事後検定の結果,Controlと比較し20 mmHgで弾性率が有意に低下した(p<0.05)。 【結論】20 mmHgでのサポーターによる圧迫は筋収縮に伴って生じる筋ストレスを減少させることが示唆された。
概要(英)
Objective: The purpose of this study was to determine the effect of thigh compression sleeves on muscle stress by measuring shear modulus of the muscle during external compression at various compression and contraction intensities. Methods: The participants in this study were 14 healthy young males with rectus femoris in their right leg. Compressive strength was measured under three conditions: control (no compression), 20 mmHg, and 40 mmHg. The contraction strength was set to 0 percent, 30 percent, and 60 percent of the maximum knee extension muscle strength in the control condition, which was measured beforehand. A gradually increasing knee extension exercise task was then performed. The Measurement point was set at 50 percent of the thigh length. Results: A main effect of compression intensity was observed on the elastic modulus, but there was no significant interaction. Post-test results revealed a significant decrease in elastic modulus at 20 mmHg compared to the control condition (p<0.05). Conclusion: Using compression sleeves at 20 mmHg was suggested to reduce the muscle stress induced by muscle contraction.
出版者・発行元
一般社団法人 日本スポーツ理学療法学会
出版者・発行元(英)
Japanese society of sports physical therapy
誌名
スポーツ理学療法学
誌名(英)
Japanese journal of sports physical therapy
2
1
開始ページ
71
終了ページ
77
出版年月
2024年3月22日
査読の有無
招待の有無
掲載種別
ISSN
DOI URL
https://doi.org/10.57495/jjspt.2.1_71
共同研究・競争的資金等の研究課題