News


人材検索

人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

最終更新日:2024/02/27

土肥 美智子

(MICHIKO DOHI)
論文
タイトル
競技会ドーピング検査における最適な飲水の種類と方法~女性アスリートでの検討~
タイトル(英)
A study to determine the optimal strategy how and what kind of beverage to drink for appropriate urine sample collection from female athletes undergoing doping testing
参照URL
https://researchmap.jp/rinsho/published_papers/36496423
著者
土肥 美智子
著者(英)
Michiko DOHI
担当区分
筆頭著者
概要
概要(英)
目的:アスリートにとって競技会ドーピング検査は競技終了後に監視員のもとで採尿、長時間の拘束や不十分なリカバリーによるコンディションの悪化により、精神的、肉体的に大きなストレスとなる。その傾向は女性アスリートにおいて強い。しかしドーピング検査のための最適な水分補給についての情報はほとんどない。本試験では適切な尿検体を短時間で採取するための飲料の飲水方法と種類について検討した。方法:女子学生アスリートで前向き群間比較試験を行った。体重の1%減少するまで運動を行い、その後、800mLのミネラルウォーターを1回、400mLずつ2回、200mLずつ4回で飲む群に分けた。運動前、運動後0、30、60、90、120、150、180分で採血、採尿を行い、各種項目の測定・分析を行なった。飲料の種類の検討では、1回で800mLのミネラルウォーター、経口補水液、オレンジジュースを飲む群に分けた。結果:ミネラルウォーター800mLを1回で飲む群で必要累積尿量に到達する時間が短かった。種類では、経口補水液群でミネラルウォーター群と比較して必要累積尿量に到達する時間が同程度、尿比重の低下が軽度だった。オレンジジュース群は尿比重の低下はほとんどなかったが、尿量の確保に時間を要した。まとめ:ドーピング検査時の最適な飲料の飲水方法と種類の検討を行い、経口補水液が最も短時間で適切な比重の尿を確保できることが示された。(著者抄録)
出版者・発行元
出版者・発行元(英)
(一社)日本臨床スポーツ医学会
誌名
日本臨床スポーツ医学会誌
誌名(英)
日本臨床スポーツ医学会誌
30
1
開始ページ
215
終了ページ
226
出版年月
2022年1月
査読の有無
査読有り
招待の有無
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
ISSN
1346-4159
DOI URL
共同研究・競争的資金等の研究課題