人材検索

人材検索について

ハイパフォーマンススポーツに係る研究者やサポートスタッフ等の人材情報の検索ができます。HPSCに現在勤務する職員(HPSCスタッフ)、HPSCの勤務経験者(HPSC OB/OG)、HPSCの各種事業における協力者(HPSC事業協力者)のカテゴリーに分けております。人材データベースへのご登録はHPSCからご依頼させて頂いた方のみとしております。

最終更新日:2021/12/06

枝 伸彦

エダ ノブヒコ (Nobuhiko Eda)
MISC
タイトル
健康寿命延伸に寄与する体力医学 第15回 中・高年齢者の粘膜免疫・獲得免疫に及ぼす習慣的運動の影響
タイトル(英)
参照URL
https://researchmap.jp/7000005037/misc/31742084
著者
枝 伸彦
著者(英)
概要
免疫系は加齢に伴って機能が低下し、とくに獲得免疫系でその変化が顕著に現れる。獲得免疫の加齢変化の主な要因として、胸腺の萎縮によるT細胞数の減少、T細胞やB細胞の機能低下などが考えられている。粘膜面の獲得免疫として主要な役割を担っている抗体についても、加齢に伴う分泌量の低下がみられ、風邪やインフルエンザなどの上気道感染症の罹患リスクと関連している。とくに高齢者では、介護予防や健康寿命延伸の観点から、これらの感染症の予防は重大な課題である。免疫老化の程度は人によって個人差があるが、適度な身体活動や運動を継続的に行うことによって、免疫機能低下の軽減または改善が可能であることが、多くの研究で報告されている。本稿では、身体活動や運動が獲得免疫系に及ぼす影響やその運動効果のメカニズムについて、最新の知見を踏まえて紹介する。(著者抄録)
概要(英)
出版者・発行元
医歯薬出版(株)
出版者・発行元(英)
誌名
医学のあゆみ
誌名(英)
270
6/7
開始ページ
576
終了ページ
581
出版年月
2019年8月17日
査読の有無
招待の有無
招待有り
掲載種別
記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
ISSN
0039-2359
DOI URL
共同研究・競争的資金等の研究課題